英→日翻訳品質例
(原文)
OTTO RAHN was born in Michelstadt, Germany, in 1904. After earning his degree in philology in 1924, he traveled extensively to the caves and castles of southern France, researching his belief that the Cathars were the last custodians of the Grail. Induced by Himmler to become a member of the SS as a civilian archaeologist and historian, Rahn quickly grew disillusioned with the direction his country was taking and resigned in 1939. He died, an alleged suicide, on March 13, 1939, in the snows of the Tyrolean Mountains.
Much as German archaeologist Heinrich Schliemann used Homer's Iliad to locate ancient Troy, Rahn believed that Wolfram von Eschenbach's medieval epic Parzival held the keys to the mysteries of the Cathars and the secret location of the Holy Grail.Rahn saw Parzival not as a work of fiction, but as a historical account of the Cathars and the Knights Templar and their guardianship of the Grail, a "stone from the stars."

(訳文)
オットー・ラーンは1904年ドイツ、ミヒャエルシュタッドで生まれた。1924年に言語学の学位を得た後、彼はカタリ派が聖杯の最後の守護者であったと信じて、南フランスの洞穴や城を広く旅行した。彼はヒムラーの勧めによってSSのメンバーとなり、そこで文官の考古学者・歴史家として働くようになった。彼はまもなく祖国の方向性に幻滅を感じ、1939年に辞職した。彼はチロル山脈の雪の中で、1939年3月13日、自殺したとされる。
ドイツの考古学者ハインリッヒ・シュリーマンは古代のトロイを見つけるためにホメロスの『イーリアス』を大いに手がかりにした。ラーンはヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの中世の叙事詩『パルツィヴァル』がカタリ派の秘密および聖杯の隠された位置の鍵を握ると考えた。ラーンは『パルツィヴァル』を創作物語ではなく、聖杯の守護者であるカタリ派やテンプル騎士団の歴史的記録であると考えた。


仏→日翻訳品質例
(原文)
La commanderie de Coulommiers se situe en Île-de-France, dans le département de Seine-et-Marne à environ 20 km au sud-est de Meaux et 60 km à l'est de Paris. Elle se trouve en ville haute, dans le quartier dit "des Templiers" situé au nord de la ville.La commanderie de Coulommiers est la dernière complète pour la France au nord de la Loire. Elle a été sauvée de justesse de la démolition en 1966 par une association locale appelée « les Amis du Musée du Papier », présidée par le maire de l'époque, Bertrand Flornoy, puis par Jean Schelstraete, ingénieur agronome habitant à Coulommiers. La commanderie est ainsi restaurée depuis quarante ans par des bénévoles lors de chantiers internationaux, dans le cadre de l’Union REMPART. Son intérêt national et public lui a valu un classement comme Monument historique en 1994. L'architecte en chef est Hervé Baptiste.

(訳文)
クロミエールのコマンダリーはイル・ド・フランス、セーネ・マルヌ県にあり、Meauxの東南約20km、パリの東約60kmに位置する。それは山の手にあり、街ではテンプル騎士団は街の北にいたと言われている。クロミエールのコマンダリーは、ロワール川の北側のフランスでは、最後の完全なものである。「紙博物館の支援者」という名の地元組織によって、1966年に解体からかろうじて救われ、当時の市長Bertrand Flornoy、そしてクロミエールに住む農業技師Jean Schelstraeteによって管理されてきた。
こうして、このコマンダリーは40年もの間、城壁組合の中で、国際的な現場のボランティアによって修復されてきた。その国際的、公的な興味によって、1994年には歴史的建造物に指定された。建築主任はHervé Baptisteである。


日→英翻訳品質例
(原文)
この写真は広告写真として撮られた。黒人の老女が白人の赤子を腕に抱いている。この対比は鮮やかだ。この世界は善と悪、生と死、男と女、右と左といった、多くの反対の原理が対立しながらも共存している社会だ。この写真の中で、子供は天使で、老女は悪の象徴とも考えられる。老女が赤子に花を手渡すのはどんな意味があるのだろうか。悪魔が天使を誘惑している?あなたはすぐに、これが「聖アントニーの誘惑」と同じ主題であることに気づくだろう。悪は善から生まれるのか?善と悪は宇宙の始まりより共存してきたのか。この写真は悪の起源についての、基本的な質問を投げかける。結局、この写真は禁煙キャンペーンに使われた。

(日→英翻訳)
This picture was taken as a commercial photo. You can see that a black old woman is holding a white child in her arms. This contrast is very sharp. In this world, many conflicting principles, such as good and evil, life and death, male and female, right and left, etc... are opposed to each other, but at the same time, they are co-existing. It could be considered that the child is an angel, on the other hand, the old woman is a symbol of evil. What is the meaning of the old woman is handing the flowers to the child? Does satan tempt the angel? You will soon recognize that the subject is the same as "The Temptation of St. Anthony". Is evil born from good? Or, are good and evil co-existing from the beginning of the universe? This picture raises a very fundamental question about the origin of the evil. Eventually, this picture was used for a campaign against smoking.


機械翻訳品質例
(原文)
Meanwhile, Pope Alexander III convoked the Third Council of the Lateran in 1179.The Pontiff dictated fresh, harsh measures against the Cathars of Gascony, Albi, and Toulouse:The Count of Toulouse, the Viscount of Beziers, the Count of Foix, and the greater part of the barons of Occitania were all excommunicated. Pope Alexander, whose missionaries in Toulouse and the Occitan prelates told him in terrifying terms about the growing power and audacity of the sect, believed that the moment had come to send a new special legate to the heretical provinces to guarantee the strict application of the resolutions of the Third Council of the Lateran.

(機械翻訳)
その間に、ポープ・アレクサンデル3世は、1179のラテラノ聖堂の第3会議を召集しました‥‥祭司長は、ガスコーニュ、アルビおよびトゥールーズのカタリ派に対する新鮮な荒い手段を書き取らせました:トゥールーズの計算、ベジエの子爵、フォアの計算、およびオクシタニアの男爵の大部分がすべて破門されました。教皇アレグサンダー(分派の新興勢力および大胆さに関する用語を恐れさせる際に、トゥールーズおよびOccitan高位聖職者のその宣教師は彼に伝えた)は、ラテラノ聖堂の第3会議の決心の厳密な適用を保証する異教の田舎に、新しい特別のローマ教皇特使を派遣するために、瞬間ができたと信じました。

(機械翻訳手直し後)
その間に、教皇アレクサンデル3世は、1179年、ラテラノで第3次会議を召集しました。教皇は、ガスコーニュ、アルビおよびトゥールーズのカタリ派に対する血なまぐさい、荒い手段を命じた。トゥールーズ、ベジエの副伯、フォア、およびオクシタニアの貴族の大部分が破門されました。教皇アレクサンドル(トゥールーズおよびオクシタニアの使節から、異端の新興勢力および大胆さが伝えられた)は、ラテラノ第3次会議の決定の厳密な適用を保証する異端の地域に、新しい特別のローマ教皇特使を派遣するための時が訪れたと信じました。