私は研究者の端くれとして英語論文に日々目を通し、その後は理化学機器メーカーの社内翻訳者、翻訳会社コーディネーター、現在はフリーランス翻訳者として、この業界に長いこといます。たまに翻訳者志望の人から助言を求められますので、ヒントになればと思い書いてみました。

翻訳者にもいろいろ種類があって、私は産業技術翻訳者に分類されます。他には文学(書籍)の翻訳者、特許翻訳者、字幕翻訳などがあります。通常これらの間で兼業はしませんので、他の分野の翻訳者については何やってるか知りません。通訳と翻訳も全く別物です。出版社からの文学翻訳なんて、未払いや単価切り下 げなどいい噂聞かないですね。
先日、同業者と話をしていて、某社文庫の初版部数に驚愕した。いや、ついにそこまで下がりましたか、と呆気にとられた。1冊の本を3カ月かけて訳して、税込印税が30万切るという。翻訳家の年収120万円時代が現実のものになっているとは。専業の出版翻訳家が存在できる時代は、終わったね。
http://togetter.com/li/889292


翻訳者という仕事ですが、私は完全にデモシカです。新たに志望する人には全くお勧めしない職業です。単価は安くなる一方だし、不安定だからです。

何十年も前は翻訳者は翻訳家の先生なんて呼ばれ1000万円プレイヤーもいたみたいですが、今はそんなことは絶対にありません。聞いた話だとその当時の単価は20円だったみたいですが、私が翻訳会社で働いていた10年前に12円というのが残っていて、だんだんと10円に切り替えている最中でした。(ひどい やり方ですよ。12円の全員にメールで今度から10円でやらせてくださいって送るの。半分位はOKで半分位は断られるから、断られた人は干す。音を上げる まで仕事上げないで、放置)。今じゃ10円は良いほうで、8円とか、たまに5円とかで募集してるの見ますね。売上600万あったらトップだと思います。

向いていない人:
・あなたが英語が好きだとか、英文科を出たからという理由だけで志望している場合、産業翻訳では使い物になりませんので諦めましょう。英語なんて、アメリカじゃホームレスでも喋ってます。
・締め切りが守れない人。仕事を二度ともらえなくなります。
・メールをすぐに返せない人。翻訳会社はリアルタイムなコミュニケーションを要求します。
・毎月決まった収入がないと、不安を感じる人

向いている人:
1. 文章を書くのが好きで、日本語を正しく、上手に書ける人。ミスが少ない人。
2. 技術系で専門分野があり、実務経験がある人。
3. ほぼ辞書を引かないでも英語を読める人。
4. ある程度能力が高く、でもサラリーマンに向いてなくて、それでもなんとか稼いで食っていなくてはいけない人。
5. 様々な困難を逆に楽しめる人(クライアントからの不払い、無茶な納期、単価交渉など)。
6. 病気などで会社勤めできない人。

どんな仕事か?
・とりあえず最低でも朝9時から仕事を始め、夜の9時まで英語を読み→理解し→日本語としてアウトプットする仕事です。一ヶ月休みなし、一ヶ月間誰とも話さないなんてこと良くあります。これに耐えられない人は、能力があってもお勧めしません。
・せっかく翻訳者として活動を始め、いい仕事をしていた人が、半年位で精神的にきつくなって、止めてしまうのを結構見てきました。
・どんなに高い単価で契約しても、仕事がなければ収入は0円です。

ヒント:
・家でもできる仕事ですが、時間のメリハリがつかなくなるので、できれば職場と住居は分けたほうがいいと思います。
・仕事が安定しないから、社員として翻訳者になる人がいますが、安定しないのはあなたの腕が悪いからです。せっかく雇われの身分を離れてできる仕事なんだから、フリーランスでやってみましょう。ちなみに正社員は【報酬】年俸240万円〜(月給20万円×12か月分。賞与なし)みたいのが本当にあります。
・旦那に食わせてもらっている主婦が、英語できるからと、小遣い稼ぎの軽い気持ちで翻訳者になり、非常に安い単価(数円/word)で仕事を受け、単価を下げていますが、こっちは生活かかっていますので、迷惑です。こういう人たちと同じ土俵で戦わなければいけません。
・産業翻訳の分野では、ほぼTRADOSというソフトが使えないと話になりません。ソフトが約10万円。使い方も複雑で、初めての人は講習を受けて使い方を覚える必要もあります。これをクリアしても、仕事がもらえるか、やってみるまでわかりません。
・平均月収は20万位じゃないかな。翻訳会社勤めていたとき、支払いがトップの人で60-80万位の月収でしたね。(ただしこの人はさらに、下請けの人を使っていて、その支払をしている可能性がある)
・あまり自分の能力を安売りしないようにしましょう。もし単価5円で引き受けると、一日1万円で、コンビニ店員と同じになります。しかもフリーランスは毎日仕事があるわけじゃないので、食えなくなります。食えないような業界はまともに発展しません。
・これからは機械翻訳の精度も上がり、その修正作業を人間が行うだけのつまらない業界になります。新規で志望する人は止めましょう。食えなくなりますw

いいところ:
忙しいと、やった分だけ収入が増える。
満員電車や上司のストレスとは無縁。(クライアントからの納期と品質の圧力はすごく感じますが・・・)。
インターネットがあれば、世界中どこでも仕事ができる。
嫌な仕事は断れる
最新の情報に触れられる
好きなときに昼寝し放題
長期で休める。(私は年に10か月働き、2か月海外で暮らしてます。(*^_^*)

悪いところ:
収入が↑↓と安定しない。ボーナスない。休みない。有給ない。忙しいと地獄、暇だともっと地獄。
一ヶ月誰とも話さなかったり、社会から隔離された孤独なお仕事です。
出会いも全くありません(同業の女性の方、一緒に人生とお仕事をやりませんか)。

腱鞘炎:
仕事やり過ぎると腱鞘炎必ずきます。
・フットスイッチなどを用いて、ctrl+c、ctrl+vのような2つのキー同時押しはなるべく避ける。
・Tradosのショートカット、ctrl+alt+(さらにもう一個)みたいなのは、「鍵盤の執事」というソフトを使って回避する。
・適度に休む。熱を持つような時は、作業後に冷やす。
・キーボードは金に糸目をつけず、東プレやFILCOといったタッチの軽いものを選ぶ。
・知り合いの翻訳者さんは、キーを打つのが半分になると、「かな入力」をわざわざ覚えました。

仕事場公開


確定申告について
一人自営業とは言っても、やってることは翻訳会社と一緒ですから、制作(これがメイン)、営業(最初は大 変)、経理の3つの大きな仕事があります。一通り回してみて、慣れれば楽なんですが、私も初めては確定申告大変でした。白色申告で数年やってから青色申告 に移行しました。
ソフトは弥生が有名ですが、高かったのでソリマチの使ってます。2年で7000円でした。ソリマチしか使ったことありませんが、翻訳業の申告に使う分には特に機能に問題はありません。翻訳は正直、パソコンとインターネットと事務所があればできますので、よっぽどでないかぎり赤字にはなりません。そのため白 色申告で結構な額を黒字にすると、翌年の健康保険がものすごい額の請求が来ます。唯一できる対策としては青色申告65万+小規模共済、この組み合わせで100万円の利益は潰せます。あとは利益でたら正直に税金払うしかないですが、そんなに大きく儲かることもないのがこの業界です。

機械翻訳-編集作業(MT-PE)について
最近人工知能とかが流行していますので、翻訳業界にも機械翻訳で翻訳させればいいじゃん?みたいな流行が あります。正直ヨーロッパ言語間ではかなり上手くいきますが、英語・日本語であまり上手くいきません。コンピューターは最善手があればそれを見つけること は得意ですが、日本語の最善は各人によって異なるからです。正直機械翻訳されたきったない文章を直せって押し付けられても、始めから自分で訳した方が手間 がかかりません。MT-PE3円でやれとか、SDLですら、新規5%割引でやれとか言ってきますので、そういう会社は無視した方がいいですね。

tandard -New単価の5%を引いた単価をSDL-MT Networkに登録
** 2016年1月~3月にてデータ収集を行った結果、平均5%の効率向上という分析結果がでました。